ゴダック・スキャンピー.png

​AKAZA EBI / SCAMPI / LANGOUSTINE 

世界で人気のアカザエビ種

イタリアでスキャンピ―、フランス語ではラングスティーヌと呼ばれ、世界中のシーフードシーンで大変人気のある高級食材です。他の海老類にはない、独特の強い甘みと深い魚介の旨味、そして見た目の艶やかさは料理を華やかに演出します。又、頭からは大変味わい深いスキャンピ―ならではの独特のダシが取れるため、ソースやスープを作るために大変重宝されています。日本では同属種の藜海老(アカザエビ)が相模湾、駿河湾、三河湾などで漁獲されており、同様に大変美味しく、姿も美しい為、昔から地元を中心に愛される人気魚種ですが、漁獲量が大変限られている事もあり、鮮度の良い生鮮品などは大変な高額で取引される希少な高級食材となっています。

ゴダックのプレミアムセレクト2品

アカザエビ種は世界中で人気のある希少な高級食材ですが、種類と産地で大別すると、①日本産、②欧州産(アイルランド、スペイン、デンマーク、ノルウェー等)③ニュージーランド産 ④オーストラリア産 ⑤モザンビーク産 など様々です。それぞれに特性があるのですが、長年の現地調査と品質の研究により、ベストの2製品(Sea Eagle Brand/ Sea well Brand)をご提案しております。2製品とも20年以上に渡り日本でご愛顧を頂いているベストチョイス製品です。

ニュージーランド産
シーイーグルブランド
Sea Eagle Brad 

学名:Metanephrops challengeri 
和名:ニュージーランドアカザエビ

ニュージーランドの大自然の宝

世界的に人気の高い高級食材ニュージーランドアカザエビはニュージーランド沖の清純な海で漁獲されます。この希少な海の宝は政府により10の漁獲区に分けて、厳しく管理されています。漁獲船ごとにライセンスが必要で、区ごとに漁獲数量が割り当てられ、その漁法や年間総漁獲量を厳しく制限しています。また、まだ小さく、若いアカザエビを漁獲せずに自然のままに残す為、漁で使用する網の目を大きく広げて規制するなど、大切なアカザエビ資源を守り、絶やす事の無いように様々な努力と管理が行われています。
漁獲地域の図.png

世界最高と評される甘みと旨味

ニュージーランドアカザエビは300~600mの深い海底に生息する為、その身は素晴らしく良く引き締まり、独特の強い甘みと旨味は世界中で最高の評価を得ており、他のアカザエビ類と一線を画します。「シーイーグル」ブランドはそのまま刺身で食べて頂ける品質グレードですが、加熱調理していただいてもその旨味が凝縮され、ふっくらとした歯ごたえある身肉をご堪能頂けます。また、甘み成分である遊離アミノ酸の1種「グリシン」の含有量が他産地のアカザエビと比べて非常に高い事が分かっており、その美味しさは科学的データとしても実証されています。

漁獲船「Bilyara」との出会いと幸運

同じニュージーランドアカザエビでもやはり、どの様に漁獲するのか、漁獲後の鮮度管理や凍結処理方法などの生産者の繊細な手作業、良い製品を創る想いや、努力により、製品の品質は大きく異なってきます。ニュージーランドでは様々な漁獲船、水産会社がアカザエビ漁を行っており、中には一つのブランド箱を複数の生産船で共同生産している場合もあります。
この様な場合、全船の品質をひとつのブランドとして統一する事は大変難しく、良いものと悪いものが混合してしまうリスクも避けれらません。一定品質以上のスタンダード品を輸入販売することが我々の目的であれば問題はありません。しかし我々が目指すものは他にありました。刺身グレードの鮮度、ブレる事のない品質と安定供給を目指し苦心を続ける中、我々は約25年前、ニュージーランドで大変優秀な製品を創り続けるある1隻の漁獲船を見つけました。幸運にもこの生産者と直接交渉をはじめる事ができ、以来、漁獲船「Bilyara」が生産する「シーイーグル」ブランドの日本独占パートナーとして常に最高品質のアカザエビをご提供する為に努力と改善を積み重ねてきました。漁獲船オーナーとも四半世紀を超える長年の信頼関係を築く中、更なる進化を求めて挑戦を続けています。
ニュージーランド船.JPG
船上.JPG
​※ オーナーのプレジャーボートです。

デンマーク産
シーウェルブランド
Seawell Brad 

学名:Nephrops norvegicus
和名:ヨーロッパアカザエビ

本場ヨーロッパ産スキャンピー/ラングスティーヌ

イタリアンやフレンチ、地中海料理に欠かせない人気食材。本場ヨーロッパではスキャンピ―やラングスティーヌと呼ばれ、ブイヤベース、パスタ、パエリアなどに使用される重要な海老です。見た目は日本のアカザエビに似ているこの海老はスコットランド、アイルランド、ノルウェー、デンマーク、イタリア、スペイン等欧州各地で漁獲され主に欧州域内で流通・販売されています。年間で15,000トンを超えるスキャンピ―が欧州で漁獲されており、様々な国で、多数の生産者がスキャンピ―生産・販売に携わっています。

欧州品質を超えるゴダックスペック

日本向けとして一番相応しいスキャンピーはどの産地のもので、どこの生産者なのか。あまりに広範囲で複雑な課題でした。産地、漁場、そして漁獲される水深などでこの海老の品質は微妙に異なってきます。我々が求めた品質レベルは概して欧州市場で流通する一級品を更に超える高いものです。鮮度、身入り、サイズ選別、品質選別、殻色、爪折れの許容数、凍結方法等々、どれをとっても通常の欧州市場への販売では求められない特別なもので、“ゴダックスペック”と呼ばれました。このゴダックスペックを実現する為にどうしたら良いのか。一番重要且つ必要だったのは「人」でした。
DENスキャンピー現場.JPG

Seawell社との終わらない追求の旅

漁場と旬を見極め、水揚げ後の活海老の状態から我々が望む品質レベルの目利きが出来る事、そして商売効率を犠牲にしてでも、ゴダックスペックに共感し、より高い品質の製品造りを目指すという高い志のある「人」が必要だったのです。私たちは大変幸運にも30年前Denmark の北端の小さな港町でSeawell社と出会う事ができました。Seawellの社長はゴダックスペックを実現する技術と経験、そして常に高い理想を求める志をもった、我々の期待を遥かに超える「人」でした。水産物の生産は天候や漁獲量、世界市場の動向などにより毎年の様に変化していきます。昨今では日本市場が所謂「買い負け」する商材などが増え、今まで普通に食していた食材の価格が大高騰したり、手に入らなくなることも珍しくありません。それでもSeawell社は我々にゴダックスペックの商品を提供し続けてくれました。長年に渡り我々の期待を上回る信頼と製品を提供してくれる大恩人でもあります。是非ともSeawell 社の志のこもったスキャンピ―をお試しください。